学習塾とは?

学習塾は、おもに小学生や中・高生を対象として、
学校の勉強のサポートを有料で請け負うところになります。

 

通常は学習塾と言うよりもただ単に塾という名称で通っています。
現在の教育事情では、ゆとり教育などで授業数が減少し、
学校側が指導できる学習範囲というのも縮小されています。

 

このようなことから学力の向上を目指して学習塾で授業を受ける子どもは増えてきています。
そして、学校での学習レベルよりも高度な内容を教えたり、学力アップを目指した学習塾もあります。

 

私立学校などに向けての受験を専門にした学習塾を、進学塾という呼び方をすることがあります。
学習塾ではそれぞれの能力に応じてクラスを分けていくことにより、
自分のレベルに合った学習が効果的に実行できるのです。

 

学習塾で勉強できる授業科目は学校で習う主要5教科で、
国語、算数(数学)、理科、社会、英語となっています。
そのほかに学校で学ぶ家庭科や道徳、体育などは学習塾で習うことはありません。

 

学校の場合は勉強だけでなく子どもに対して人間性を養うところでありますが、
学習塾というのは勉強に特化した場所と言えます。

 

学習塾では模擬テストなどを度々行い、各自の学力の程度をきちんと知ることが可能です。

 

自分の学力レベルを確認できれば目標を立てる場合にも効率的ですし、
苦手な範囲を確かめることにもなります。

 

学習塾は名の知れたところもたくさんありますが、
全体的に見てみると桁違いに個人経営の学習塾が多くなっています。
大企業、個人それぞれに有利な点、不利な点があるため、見学や体験などの機会を使って、
子どもに合った学習塾を選んであげるようにしましょう。

 

借金返済の体験談はこちら

学習塾の種類

学習塾と大きくまとめて呼ぶケースがほとんどですが、
塾によってそれぞれのカラーがあります。

 

学習塾を大きく分けると、
難しい学校の受験目的で通う進学系と学校での授業で遅れてしまったところを習う補習系があります。

 

補習系の学習塾なら、学校の授業のみでは遅れてしまう、
新しく習う分をうまく消化することができない子どもに対して授業で行う前に予習として学習していきます。
その上、消化しきれていないところを見逃さずに、理解できるまで復習することも可能です。

 

個人経営の学習塾の多くは、補習系となります。

 

難関校の受験の為の学習塾では、学校よりもさらに高度な勉強に取り組むことになります。
難関の学校へ進学するための学習塾は、お金を払えば行くことができるとは限りません。
難関校への進学が目的のコースで学習するためには、入塾試験に合格する必要があります。
大手の学習塾では補習系のクラスと難関校を目指すクラスとを各自の実力に応じて分けて教えています。

 

これ以外に、学習塾の授業のやり方には集団あるいは数人に絞った授業体制、自習形式、
個人的に教えてくれる方式などに分かれます。
集団で授業を行う学習塾なら1クラスの生徒数が10人以上の構成が作られます。
少人数に対して授業する学習塾は5人以上10人以下で1クラスとしているところが普通です。

 

個人で運営している塾になると、先生1人に対して生徒が5〜10人までという、
この方式のところがほとんどです。

 

自習を実施させる学習塾では公文式や学研教室などがありますが、
違う学年の子ども達が一緒の場所で個人的に勉強を進める形式になります。

 

個別指導は1〜4人までの生徒を1人の先生が教えてくれるので、
それぞれの子どもに適切な学習が叶えられます。
とはいえ、個別指導をしてくれる学習塾は授業にかかる費用が高くなることは避けられません。

塾にかかる費用

学習塾で授業を受けるために要るお金は、その学習塾ごとに差異があります。
そういうわけで、正確な金額を明示することはなかなかできず、
受ける授業の科目や数によっても変わってきます。

 

通常集団で学ぶ学習塾よりも、
少ない人数や個別に指導してくれる塾のほうが月謝は多く払う必要があるでしょう。
1クラスの生徒数に限らず、
個人経営の学習塾なのか大手の学習塾なのかということでもかかる費用が違ってきます。

 

 

また、難関校へ進学を目的としたコースなど高レベルの授業を行うコースでも、
授業料は高くなるようです。
学習塾のための予算として、授業の料金のみを計算していてはいけないのです。
授業で使うテキストや模擬試験受講のための金額など
授業料とは別に支払うお金も払わなくてはなりません。

 

月毎に必要な授業料以外に、
夏期講習・冬期講習などの特別な時期に設定されている授業も別料金が必要になります。

 

また、合宿での取り組みを行う学習塾もありますし、様々な出費が予想されます。
学習塾が配布するビラなどには全ての必要金額が載せられていないこともあり得るので、
入塾前の説明会がされるときなどによく確かめておくようにしましょう。

 

この他に、学習塾に通うことで必要なお金の死角となりがちなものとして、
通うための交通費があります。

 

難関校への合格を目指している子どもの中には家からは遠い塾を選ぶこともよく見受けられます。
学習塾がバスを出して子どもたちを迎えに来てくれる塾も存在しますが、
電車やバスなどの公共交通機関を使ったり、わざわざ親が車で送ることもあります。
どんな方法で学習塾に通う場合でも、
交通費自体は費用としてかかってきますので塾選びにはその点も考えるようにしましょう。